Christian Dior ーCouturier de Rêve展ー前編

こんにちは、
幸運カラーコーディネーターの
天乃美音です。

 

昨年から今年はじめ頃まで、パリで開催されていたクリスチャン・ディオール展。
私も昨年、滞在中に行ってきました

私はメゾンやディオールの事は詳しくなかったのですが、パリ在住の友人が、いつも話していました。

 

『いつかディオールのメゾンで働きたい!』

 

もちろん、今も彼女はそう思ってるハズ。

展示会のタイトルどおり、素晴らしく夢のある世界でした

Couturier de Rêve
(夢のクチュリエ)

女性に生まれたのなら、一度はあの世界に憧れるのではないかと思います。

写真が多めなので、今回は前後編に分けご紹介したいと思います。

しばしお茶でもしながら、脳と心のデトックスにどうぞ♪


私は在仏時にチケットをネット購入したのですが、やはり列に並ぶことになりました。(30分くらいだったけど。)

ドキドキしながら、ルーブル近接の
「装飾芸術美術館」に入場。

上のドレスのイメージデッサンですね。

 

ディオールの大回顧展という事もあり、凄い数の展示数!

階段のディスプレイも美しく目を惹く演出が施されていました。

当時の広告なのでしょうか。可愛い1枚♪

上のドレスは、ディオールが実母のイメージから想像して創作したものらしいです。

 

そして素敵すぎるポートレートの数々。
こんなポスター欲しいですね。

 

使用した小物たちも、このように色分けしてディスプレイされていました。
 

これらを飾るだけでも大変だったと思います。

色分け展示されているので、カラーコーディネートのお手本としても便利でした。

まさにエレガントの極み (-w-)

可愛い!綺麗!

があちらこちらに散りばめられている宝石箱そのものでした。

 

ご存知の方も多いでしょうが、ディオール没後は後継者としてイヴ・サンローランがメゾンを引き継ぎます。
そしてその後、ディオールメゾンは全て男性デザイナーが引き継いでいったのです。

しかしその定説を覆し、現在はディオール初の女性デザイナーが抜擢されました。

 

ディオール初の女性デザイナー、

マリア・グラツィア・キウリ。

彼女の作り出すデザインは、今とても人気なのだそうです

可愛らしい刺繍のデザインに、思わずほわん…(#‘w’#


上のドレスは確かナタリー・ポートマンが着て広告してましたよね。

ディオールのメゾンで働きたいモード関係者は本当に多いのです。(判るな〜。いや、私は縫い子出来ませんが。)

 

後半へと続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください