フランスのカフェメニュー

Bonjour,France

こんにちは、
幸運カラーコーディネーターの
天乃美音です。

Franceといえばカフェ

Parisだけでなく、フランスでは、どんな小さな街にもサロン・ド・テ(カフェ)を見かけます。

もちろん私もフランス滞在時にはよく利用しています。

日本でならスタバに行くところを、フランスでは通常のカフェに行きます

 

(冗談です。スタバにも行きますよー。)

パソコンで記事を書いたり

フランス語の勉強をしたり

創作のアイデアを練ったり

友人とお喋りをしたり

 

などなど。

 

様々なシーンで、
フランスの日々にカフェは欠かせません

”でもパリのカフェって、お高いんじゃない?”

と思われたアナタ。

 

 

 

大当たりです。

パリで名が知られた有名カフェになると、
お支払時に

「!!」

と思われるかもしれません。

でも、美味しいカフェは沢山ありますので、試して損はありません。

私もそのうち行きつけを見つけたいです。

ですが、ちょっとひるんだ時には、
”カフェ・アロンジェ”
を選ぶと良いかもしれません。

なぜなら

”カフェ・アロンジェなら、
parisでも高くないぞ〜”

…と、以前フランス語学校の恩師が教えてくれました。
(私はパリで、いまだにこのメニューを注文していないので、実は解っていません…)

やはりParisと地方の街ではカフェもお値段が違います。
地方だとパン付き朝メニューセットで、上記の写真のような価格です。

 

ところで最近は、BIOを意識したmenuもカフェでよく見かけます。

vegan(ベジタリアン)の人のために素材を厳選し、作られたお菓子が置いています。

味はどうかと一度試してみましたが、通常よりは甘さ控えめですが、とても美味しかったです。

そしてThé(お茶)もBIO素材のハーブティーが増えている気がします。

ちなみにフランスではハーブティーのことをTisane(ティザン)と記しています。

身体の整える目的や、闘病中に愛飲する人も多くいます。

もちろん、ゆっくりしたい気分の時にもおすすめです。

薬局やスーパーで探してみてくださいね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください